トップ陶芸ライフ>作ってみよう>工程を知ろう>土練り
 
 

1.土練り

やきもので「土」と言えば、練土のことです。土を均質にするために行う「荒練り」や、土の中に空気を抜いて柔らかさを均一にする「菊練り」を行い、やきもの作りに向いた状態にします。

荒練り 土を均質にするために行います。水分や固さのムラを無くすようよく練る必要があります。
菊練り 荒練りでは、充分にとれない粘土中の気泡を取り除き、粘土に粘りをもたせ、密にするために行います。粘土に気泡があると作品がきずものになりますので充分に練りましょう。
土練機

土練機を使うと、難しい土練りの技術も必要なく楽に土ができて便利です。荒練りの状態の「常圧式土練機」と菊練り同様に粘土中の気泡を取り除く「真空式土練機」があります。