トップ陶芸ライフ>作ってみよう>工程を知ろう>装飾
 
 

4.装飾

模様つけ
模様つけには、素地を直接彫ったり、削ったりする方法、また釉薬をかけ紋様を施す方法、異なる色の粘土を組み合わせる方法とありますが、ここでは道具使って彫ったり、削ったりする方法を紹介します。

櫛目模様

櫛目模様は、土をひっかいて引いた平行線模様です。直線や曲線でさまざまな紋様にできます。

布模様

コテやタタキ棒など道具を使い、布の地紋様を写し取ります。





自然物

植物など自然のものもやきもの紋様として使用できます。
粘土に直接植物などを置き、あて布をして道具で型を写し取ります。






印花・道具

印花は紋様を印にした型で多くの種類が市販されています。簡単に装飾紋様がつけられます。
石膏を彫ったり、粘土に紋様を彫り素焼きするなどして作ることもできます。