トップ陶芸ライフ>作ってみよう>工程を知ろう>成形
 
 

2.成形

手びねり(ひも作り、たたらつくり、玉作り等)や、電動ろくろ等で作りたい
器物の形を作る作業です。

手びねり成形 技法的には素朴なものですが、やきもの成形の基本となるものです。
電動ろくろなどの器具に頼らず、自分の手の感覚で成形していくため、その人ならではの味わい深いぬくもりある作品となります。
 
紐成形
紐状の粘土を重ねづけていき、成形する方法です。土台となる粘土の形によっていろいろな造形を楽しむことが出来ます。  
タタラ成形 タタラとは、粘土を均一の厚さで板状に成形したものです。タタラ成形は、タタラを用いて貼り合せ、型取りして成形していく方法です。  
貼り合せ成形 タタラを作る容器の分解図にしたがって切り、それを組み立て成形していく方法です。
土台となる粘土の形によっていろいろな造形を楽しむことが出来ます。
巻き作り タタラを筒状の容器に巻きつけて成形する方法です。
容器によって様々な形に仕上ります。
型押し成形

同じものをたくさん作りたいときの成形方法です。
型を用いて作ります。

石膏型

同じものをたくさん作りたいときに便利な成形方法です。

 

鋳込み成形

石膏型の内側に泥漿調整を行った陶磁器土の層を一様につくる成形方法です。

泥漿を石膏の中にに流し込むと、石膏に接した陶磁器土の水分が石膏に吸収されます。余分な泥漿水を流しだした後、約1時間程度放置し乾燥したら、型から外して完成です。

型押し成形

同じものをたくさん作りたいときの成形方法です。

ろくろ成形 手回しろくろ・・・てびねりや、装飾、絵付けに。
電動ろくろ・・・・機械ろくろともいいます。速度調節、大きさや色も自由に選べ 回転を
止め、手ろくろとして使用できるものもあります。
 
電動ろくろ
土殺し ろくろを回転させ、まず最初に粘土を上げたり下げたりします。これは、粘土をよく練る、またろくろの回転になじませるために行います。
土取り

土殺し後、目的の作品の大きさ分の粘土を決めます。

 
指入れ 土取りをしたら、粘土上の中央部分より親指を入れ穴をつくります。

引き上げ

親指を中央から外に向け、中指と粘土をはさむようにして粘土をしめながら上へのばします。

成形

右手を中に入れ、左手を外側から添えるようにし、形を整えます。

底きり

切糸を底になる部分に当て、片方の糸を手離し、糸がろくろの回転に巻きこまれて1回転したところで糸を引いて切ります。