トップ陶芸ライフ>作ってみよう>工程を知ろう>徳利
 

徳 利
ろくろを使った成形にチャレンジしてみましょう。
最初はシンプルな形で比較的やさしく作ることができるので椀や鉢などから挑戦してみるといいでしょう。
ここでは、変形の練習として徳利を紹介します。
1 土殺しをする よく菊練りした粘土の玉をろくろのターンテーブルの中心に置き、粘土を斜め上から押さえつけ、ターンテーブルに密着させます。

たっぷり水をつけ、ゆっくり回転させながら粘土を押さえたり引き伸ばしたりしながら土殺し)、中心を決めます。

2 土どりをする つくる作品の分量を手でにぎってはかる土取り

親指を最上部でまっすぐ押さえつけ、粘土上部を平らにします。このとき他の4本の指は胴をしっかり囲むように。

3 作品の中心を決める 最上部に親指をあて、中心を決める。
4 円筒をつくる 中央に向って親指をゆっくりと入れていく。
5 円筒をつくる 片手は内側から、もう一方は外側から支え、下からゆっくり引き上げていく。*一度に薄くしようとせず、厚めにつくっていく。
6 円筒をつくる 下から上まで均等に薄くしていき、直立した円筒をつくる。*水は、粘土の様子をみて都度つけ足しましょう。
7 首の部分をすぼめていく 両手で中央に向いゆっくりと力を加え、口をすぼめていく。*失敗してしまったら・・・もう一度、6の筒状に戻し、やり直しましょう。
8 胴の厚みを整える 指を内側に入れ、胴を指で軽く押しふくらませながら、厚みも調整していく。
9 口の部分の厚み、開きを調整する 首の部分を縮める。

口の部分を親指と中指(人さし指)ではさみ、形を整える。

10 作品を切り離す 切糸を作品の向こう側から底になる部分にあて、片方の手だけを手前に引き、切る。
11 作品を持つ ろくろを止め、両手で人さし指と中指で持ち、製品板などの台に置く。
12 完成