トップ陶芸ライフ>作ってみよう>工程を知ろう>マグカップ

 

マグカップ<巻き作り>
筒状のカップを作ってみましょう。
一般的には、ひも作りで成形していきますが、ここでは違った方法として『巻き作り』をご紹介します。
筒に粘土を巻いて形を作るので、同じ大きさの物を何
個も作ることができます。

1 タタラを円筒に巻く。  芯になるような円筒を用
意し、粘土がひっつか
ないように新聞紙を巻く。

これにカップのサイズに
切ったタタラを巻きつける。

2 円筒をつくる。 巻きつけた粘土をつなげるため、接着個所にくしで傷をつけ、泥しょうを筆でぬり、接着させる。
3 底板をつくる。 底板にするタタラに、2でつくった円筒を置き、
2cmほど外側を針で切り離す。
4 底板を接着する。 切り抜いた底板と円筒の接着個所に、くしで傷をつけ、泥しょうを筆でぬり、接着させる。
5 底面の整形。 底板のはみ出した部分を針で円筒に添ってゆっくり切り離す。

6 胴体部分と底をなじませる。 底板部分の粘土を胴体部分に向って押しつけてなじませていく。強く押しすぎて変形しないように注意しましょう。

胴体と底がつながったら、表面の凹凸やムラをなくすよう整える。

7 取っ手をつける。 取っ手と胴体の接着個所にくしで傷をつけ、泥しょうを筆でぬり、接着させる。
8 完成。  泥しょうが乾燥すれば完成。