トップ陶芸ライフ>作ってみよう>作陶に挑戦>角皿

 

角 皿 タタラ成形

タタラにした粘土を皿の面ごとにパーツを作り、それぞれを貼り合わせていきます。
タタラにするには、タタラ板と粘土のべ棒を使いますが、タタラ成形機を使うと、初心者の方でも簡単にキレイなタタラを作ることができます。

食器としてはもちろん、花器やオブジェとしてもモダンな空間を演出します。


1 タタラをつくる。 土練り後の粘土をタタラ成形機でのばし、タタラをつくる。

*タタラ状にするには、タタラ板と粘土のべ棒を使いますが、タタラ成形機を使うと、初心者の方でも簡単にキレイなタタラを作ることができます。
2 パーツをつくる。 サイズを正確に測り、粘土を各面ごとに切る。
タタラ板や定規をあて針で慎重に切りましょう。

写真は側面の2面をつけた状態。
*側板は少し余裕をもち、長めにとっておく。

3 接着部分に傷をつける。  底になる面の側板と接着する個所に、くしなどで傷をつける。
4 接着部分に傷をつける。 側板も同じように底と接着する個所に、傷をつける。
5 傷の上に泥しょうをつける。 筆に泥しょうをつけ、傷をつけた上から塗る。泥しょうは、側板か底板、どちらか一方につける。

*4面を一度にせず、1面ず
つ、泥しょう付け(5)→接着(6)をくりかえす。
泥しょう:粘土と粘土を接着するときの強力な接着剤。粘土を水で溶いてドロドロしたもので、ドベとかヌタともいいます。

6 底と側板を接着する。 接着部分をしっかり支え、浮きやズレがないよう固
定させる。
7 しっかり接着する。 底板からはみ出た部分は、ていねいに切り落とす。
9 完成。 5〜6をくり返し、残りの側板を接着していく。