トップ陶芸ライフ>作ってみよう>作陶に挑戦>コーヒーカップ
 

コーヒーカップ 手びねり成形

取っ手をつけたボール形のカップを作ってみましょう。
仕上りの大きさよりもひとまわり大きく、ひもづくり成形し乾燥させた後、表面を削っていく方法を紹介します。

コーヒーカップとしてでだけでなく、少し大きめに作ってスープやシチューなどをいただいても。

1.荒削りで形をとる。 指で押さえても簡単に変形しない程度まで乾燥させたら、『削り』にはいります。

表面の底を成形していくため、逆さに置き、カンナなどで削り、だいたいの形をとる。
2.高台をつくる。  ろくろを回転させ、針をあてて線を引き、高台の位置を決める。

カキベラを使い、ろくろを回転させながら高台の内側→外側を少しずつ削っていく。
*ろくろの中央に作品が乗るようにしましょう。作品をのせてろくろを回転させてみましょう。作品がブレない位置が中央。

3 底の形を整える。 カンナで表面の形を整えていく。
4 全体の形を整える。 縁の周辺や、全体のバランスをみて成形していく。

シッタに作品をかぶせろくろから遠ざけ、作品の表面全体をカンナで削り整えていく。

5 取っ手の位置を決める。 取っ手の接着部分に、くしなどで格子状の傷を少しつけ、泥しょうをつける。

(くしで傷をつけて、なじみやするする
泥しょう:粘土と粘土を接着するときの強力な接着剤。粘土を水で溶いてドロドロしたもので、ドベとかヌタともいいます。

6 取っ手を付ける。 作品の内側からしっかり支えて取っ手をつける。(取っ手の接着部分に も、くしで傷をつけておく)
*取っ手も事前に形を作り乾燥させておきましょう。
7 完成。  泥しょうが乾燥すればできあがり。