トップ陶芸ライフ陶芸用語
 
INDEX 
青手(あおて) 赤色以外の緑、黄色、紫、藍などで塗り込んだ色絵。古九谷の手法が代表的。
赤絵(あかえ) 赤をベースカラーに、緑・黄・紫・藍などの色釉を加えた絵付け。
赤土(あかつち) 空気に触れたことにより、鉄分を多く含む土が酸化した状態。
穴窯(あながま) 山のふもとのやや高い土地の斜面を利用して作られた窯。味わい深い焼き上がりの反面、熱効率はあまり良くない。
飴釉(あめゆう) 茶褐色の釉薬。飴色に焼き上がることからこの名前が付けられた。
荒練り 土の固さを均一にするために、粘土に水を加え土を練る作業。
有田焼
(ありたやき)
佐賀県西松浦郡有田周辺で焼かれる磁器。
井戸茶碗
(いどぢゃわん)
高麗茶碗の一つとして古くから茶人に珍重されてきた井戸茶碗は高台が高く、丸みを帯びた胴が特徴。
伊万里(いまり) 佐賀県西松浦郡有田周辺で焼かれる磁器の総称。伊万里湾より船積みされたためこのような名称で呼ばれていた。磁器としては、日本で最初である。
伊羅穂(いらほ) 高麗茶碗の一種で、鉄分の含有量が多い土で、焼成すると黄色もしくは褐色になる。イボイボした手触りが特徴。
色絵(いろえ) 色釉による絵付けのこと。
色釉 色を発生させる釉薬。灰や長石・陶石、金属の成分を含む化合物を混ぜたりすることによってできる。
イッチン描き 釉や化粧土を入れたスポイト(イッチン)を使って、盛り上がった模様を描く手法。
糸切り 成形時に、器をろくろから切り離すときにできる、渦状の細かい痕跡。
糸底 陶磁器の底のこと。ニュアンスとしては糸切りと同じ。
印花(いんか) 木や石膏などで判を作り、生乾きの素地に押して模様を作る装飾法。
上絵付け 本焼き後の器に上絵の具で模様付けをすること。絵付け後に焼成して模様を定着させる。
絵唐津
(えがらつ)
鉄分を多く含む絵具で絵付けされた唐津焼。主流は、草花・人物の文様で透明釉がかかったものが多い。
塩釉(えんゆう) 塩を釉としたもので、自然釉が掛かったような効果を作ることができる。
鬼板(おにいた) 主に鉄絵や下絵付けの釉薬としても用いられる。形状が鬼瓦に似ていることからこの名がついた。
黄土(おうど) 鉄分を含有した黄色い土。
尾形乾山
(おがたけんざん)
1663-1743年。陶工・画師。尾形光琳の弟で、野々村仁清に学ぶ。京都・鳴滝に開窯し、数多くの作品を後世に残した。
織部(おりべ) 茶人・古田織部の趣向によって焼かれた美濃の陶器。色釉、文様、形状に斬新さが見られる。基本は、酸化焼成によって緑に発色する銅釉が掛けられたものが多い。
懐石(かいせき) 茶道に則った、茶道に相応しい料理を「懐石」と呼んだ。現在の懐石の意味とは若干ニュアンスが違う。
蛙目粘土
(がいろめねんど)
カオリンが主成分の土に、数ミリの石英の粒子が入っている土。
カオリン(kaolin) 磁器の原料となる土のこと。釉薬の原料としても用いられ、耐火度が高く粘り強い。
カキベラ 成形の作業時に、器の底の余分な部分を削るなどの加工を行うための道具。
掻落とし
(かきおとし)
器のベースとなる素地とは異なる素材の釉や土などを、器全体に塗った後、模様としたい部分、もしくは、それ以外の部分を削り取る装飾技法。
花崗岩(かこうがん) 粗い粒の白色の岩石。
笠間(かさま) 茨城県笠間市で焼かれる陶磁器。土瓶や壷などの日常雑器が主に焼かれてきた。
可塑性(かそせい) いったん力を加えると形が戻らない性質のこと。
片口(かたくち) 鉢の口縁に一ヶ所、注ぎ口があるもの。液体を注ぐための器。
型物(かたもの) 型細工、型抜きで作られたもの。
メ板(かめいた) ロクロのテーブルの上にのせる小板。大物の作品などの作陶後に板ごと移動させ、乾燥させる。シンポでは円形のメ板を販売している。
加茂川石
(かもがわいし)
京都で採れる、鉄分を多く含有している赤褐色の石。
烏口(からすぐち) 烏のくちばしのような注ぎ口を指す。
唐津焼(からつやき) 佐賀県西部から長崎県北部にかけての地域で焼かれた朝鮮系の陶器。日本三大茶器の一つ。朝鮮陶工によって開窯され、蹴ロクロや登り窯などの技術を導入し、発展してきた。
唐物(からもの) 中国から輸入された美術工芸品を指してこのように呼ぶ。日本では、室町時代に最も評価された。
還元焼成
(かんげんしょうせい)
窯の炉内の酸素を抜いた状態で焼成すること。釉薬などに含まれる酸化金属が還元されるため、通常の焼成とは、違う色に仕上がる。
含鉄土石
(がんてつどせき)
鉄成分を多く含んだ土や石。
カンナ 生乾きの削りなど、腰の丸みなどを加工するときに使う道具。
貫入(かんにゅう) 素地と釉との膨張収縮率の差から生じる釉に入ったひび。装飾目的で付けられることもある。
菊練り 粘土の空気を抜くための作業。荒練りで土の固さが一定になった粘土を片手で押したまま、もう片方で回しながら練ることによって、菊の花のようなひだができることから菊練りという。
素地(きじ) 作陶中、成形中の土。素焼き前は生素地、素焼き後では素焼素地、といったように焼成前と後では違う呼び方がある。
黄瀬戸(きせと) 桃山時代に美濃で作られた陶器。基本は灰釉で、その鉄成分により黄色の発色となる陶器。
北大路魯山人
(きたおおじろさんじん)
1883〜1959年。様々な研究家としての顔を持つ人物で、陶芸分野では独自の作風で料理の器などを作陶。日常的に使われている食器というカテゴリーを芸術的な価値にまで高めた。
木節粘土
(きぶしねんど)
鉄分を多く含むカオリン質の土。低温では赤み、高温では灰色になる。
強還元
(きょうかんげん)
強い還元焼成を指す。⇒還元焼成
清水焼
(きよみずやき)
野々村仁清により開窯された、京都東山区・五条坂付近で作られた陶磁器。
金液(きんえき) 金の合金を油で溶かしたもので、主に上絵つけなどの使う。
金彩(きんさい) 作品に金箔・金泥などを焼き付けた装飾法。
銀彩(ぎんさい) 金彩と同じ様に、白金などを焼き付けた装飾法。
櫛目(くしめ) 素地の器に櫛などで線を描いて模様にする装飾法。
九谷(くたに) 石川県金沢市から小松市周辺で焼かれる磁器。
汲出(くみだし) 茶会の時に使用する、汲出茶碗のこと。
蹴ロクロ(けろくろ) 足で蹴ることにより回転させるろくろ
化粧掛け 素地と違う色にするために、素地と異なる色の土を塗ったり、掛けたりすること。
高台(こうだい) 器の底についている丸い輪の部分。
高麗茶碗
(こうらいちゃわん)
朝鮮李朝の時代よりに朝鮮より、もたらされた茶碗。
古瀬戸(こせと) 瀬戸で作られた陶器の内、鎌倉・室町時代に作られた陶器を指す。灰釉と鉄釉の2種類がある。
呉須(ごす) 釉をかけ焼成すると、藍色を発生する酸化コバルトを主成分とする彩料。鉄釉などの青として用いられる。
骨描き(こつがき) 絵付けの時、その範囲が広範囲に及ぶ場合、絵付け前に線描きを行うこと。
コテ 成形の時に、人手では不可能なカーブを作りたい時に使う道具。用途、目的によって様々なコテがある。
コバルト(Cobalt) 焼成すると藍青色になる呉須の主成分。
粉引き(こびき) 白泥による化粧掛けの装飾法。粉を吹いた様からこの名が付けられた。
さや 焼成時に灰などがから作品を守るための容器。
酸化焼成
(さんかしょうせい)
還元焼成とは逆に、窯の炉内に酸素を十分に送り込んで焼成する方法。
酸化鉄(さんかてつ) 着色原料として釉や土に添加される成分。酸化焼成:黄色⇒赤褐色。還元焼成:灰色⇒青緑色
酸化銅(さんかどう) 着色原料として釉や土に添加される成分。酸化焼成:青・緑色に変化。還元焼成:赤色に変化
シー・エム・シー
(CMC)
絵具を溶かす際に使う化学糊。
磁器(じき) 陶石を材料とした、吸水性のない白色でかすかな透光性のある焼き物。
信楽(しがらき) 滋賀県甲賀郡信楽町一帯で焼かれる陶器。赤色の焦げ、透明感のある自然釉が特徴。
自然釉(しぜんゆう)
自然灰(しぜんばい)
焼成時に素地にかかった薪などの灰が、溶けて、器の成分と化合することによってできた釉のこと。焼成時の自然灰を嫌う場合には、さやを使って作品を保護する。
下絵付け
(したえつけ)
素焼き後など、釉薬をかけるまえの素地に絵を描く作業。
支柱(しちゅう) 棚板などを使って作品を窯詰めする時に使う、棚板を組むための柱。
湿台(しった) 高台を削るために、ろくろに固定して使用する素焼きの筒などのことを言う。シンポでは高台削り用としてワンタッチ心出機を販売している。
シッピキ 成形後に、作品をろくろから切り離すための道具。切糸と同義。
紫泥(しでい) 黒味のあるあかいろ、もしくは暗褐色の無釉の器。
志野(しの) 美濃で桃山時代に焼かれた陶器で、長石釉で施釉された乳白色の陶器。
シャク掛け ひしゃくなどを使って、釉薬や化粧土を素地にかけることをいう。
朱泥(しゅでい) 可塑性に富み、酸化鉄を多く含む赤土製の器。
白化粧
(しろげしょう)
鉄分の含有量の少ない特徴を持つ、白化粧土といわれる粘土を、水でといて使う装飾法。
須恵器(すえき) 古墳時代中期から平安時代後期にかけて主流だった陶質土器。1000℃以上の高温で焼成。硬質に焼かれるため、吸水性が少ない。
透彫(すかしぼり) 成形した後、器に彫りを入れて文様を作る装飾技法。
素焼き(すやき) 成形した素地に強度を加えるための焼成。その後、下絵付け、施釉と段階を踏んでから、本焼きに至る。
青磁(せいじ) 素地と釉に含まれる鉄分がそれぞれ還元焼成により青くなった磁器。
瀬戸(せと) 愛知県瀬戸市で焼かれる陶磁器。起源は鎌倉時代にさかのぼり、その当時は日本で唯一の高級施釉陶の生産地だった。
瀬戸黒(せとぐろ) 桃山時代、美濃で焼かれていた黒色の茶碗。
千利休
(せんのりきゅう)
1521〜91年。桃山時代に茶道を追求した第一人者。精神性を重んじた茶道の確立など、その伝統は現在も引き継がれている。
象嵌(ぞうがん) 生乾きの状態の素地に、彫りを入れたりして模様を入れて、その模様に、素地と違う色の土を埋め込む装飾法。
染付け(そめつけ) 白地の素地に絵付けしたものの上に釉を掛け焼成したもの。
高取(たかとり) 朝鮮の影響が色濃く残る福岡朝倉郡で焼かれている陶器。
タタラ作り タタラ(=板状の粘土)を加工して、形にする作業。シンポではタタラ成形用のスラブローラを販売している。
玉作り(たまづくり) 丸い形状にした粘土の塊でろくろ成形していく方法。
玉縁(たまぶち) 口のつくりが輪状のもの。
濃み(だみ) 複雑な絵付けの際、線描きをした後に筆に含ませた呉須溶液を塗ること。
炭化焼成
(たんかしょうせい)
熱分解によって炭素を生成させる方法を利用して、作品の表面を黒くする焼成方法。
丹波(たんば) 兵庫県篠山市立杭周辺で焼かれているやきもの。
千倉(ちくら) 瀬戸・美濃地方で釉の原料などに用いられる、鉄分などを含んだ土や岩。
茶呉須(ちゃごす) 鉱物質の顔料の一種。鉄さびのような色を発する。
長石(ちょうせき) カリウムとナトリウムを主たる成分とする鉱物で、ほとんど多くの岩石に含まれる。 
長石釉
(ちょうせきゆう)
長石を主成分とした釉で、やわらかな白色を発する。志野はその代表。
貼花(ちょうか) 土で作った草花などの文様を器に貼り付けて焼成したもの。
朝鮮唐津
(ちょうせんがらつ)
桃山時代から江戸時代初期までつくられた唐津焼の一種。
土殺し
(つちごろし)
成形前に柔らかいのにハリがある粘土にするために必要な作業。土殺しをしていない粘土は、ろくろを回した時ブレたり、成形しづらかったりする。
土とり 作りたい作品に適量な粘土の分量を決めてくびれをつける作業。土とりの後、親指で中央に穴をあけて、成形作業に入っていく。
鉄赤(てつあか) 鉄分を含む彩料を使い、紋様を釉掛けする前に行う下絵付けの一つ。
鉄絵(てつえ) 鉄分を多く含んだ絵具で絵付けしたものを指す。
鉄釉(てつゆう) 鉄を含んだ釉薬のことを称してこう呼ぶ。
手びねり ろくろなどを使わずに、手だけで成形する方法。手法としては単純だが、ろくろとはまた違った個性的な作品に仕上がるのが魅力。
テラコッタ 成形し素焼きしたものを表す。(イタリア語)
天目(てんもく) 瀬戸・美濃で製作される喫茶用茶碗。低くて小さい高台に、口縁はスッポン状の曲線になっていることが特徴。
銅(どう) 陶芸では酸化銅や炭酸銅を主に使う。綾部釉が有名。
陶器(とうき) 粘土を主たる原料とした、磁器より吸水性があり非透明性の素地を有する焼き物。
透明釉
(とうめいゆう)
1300℃前後で透明になる釉で、最も基本的な釉とされている。
銅釉(どうゆう) 灰釉に銅を加えたもの。酸化焼成:緑。還元焼成:緑もしくは赤 
常滑(とこなめ) 愛知県知多半島、常滑市周辺も陶器の産地。
土灰(どばい) 雑木の灰を称して呼ばれる。
ドベ 水で溶けた粘土を含んだ泥水。ドベ受けなどに取っておいて、取っ手などの細かい部分を着けたりするときに使う。
トンボ 竹でできたものさし。茶碗などの径と深さを測るときに使用する。
流し掛け
(ながしがけ)
釉などの掛け方の一種。ひしゃくなどを使って器に流す掛け方。
生掛け
(なまがけ)
素焼き前の状態の素地に、化粧土を掛けること。
なめし皮 成形時に、作品の一部分や全体を滑らかにするために使う。
乳濁釉
(にゅうだくゆう)
二つのガラス層が重なり合って、乳濁して見える釉のこと。
布目
(ぬのめ)
土をはがしやすくするために型に敷いておいた布でできた痕。この痕を装飾として利用する手法もある。
練り込み
(ねりこみ)
2種類以上の土を完全に混ぜないで、成形していく技法。
登り窯
(のぼりがま)
斜面を利用した窯の形態。斜面にいくつもの窯を重ねて、その一番下を焚き口とする。下から焚いた熱が順に上の窯に伝わっていくため、大量焼成を可能にした。
野焼き
(のやき)
地べたで焼く方法。日本では縄文・弥生時代で焼成されていた方法。
灰釉(はいゆう) 草や木の灰を用いた最も基本的な釉薬。
萩(はぎ) 山口県萩市周辺で焼かれる陶器。
白磁(はくじ) 白色の素地に透明釉を掛け、高温で焼成した磁器の一種。
刷毛目
(はけめ)
色土の素地に刷毛を使って白泥を塗る装飾法で、刷毛目の跡が残っているほど理想的とされる。
土師器(はじき) 古墳時代以降に作られた素焼きの土器。プレーンな素地に丸みを帯びた形状を特徴とする。
成形している粘土の切断や、タタラの加工などに使用する小道具。
火色(緋色) 焼成によって素地の鉄分が発色し、その部分が赤みや斑紋を帯びること。
火表(ひおもて) 焼成時に火にあたる焼き物の面のこと。
備前(びぜん) 岡山県備前市周辺で焼かれる陶器。
浸し掛け
(ひたしがけ)
作品全体を釉薬の入った容器などに浸す施釉方法。
ヒダスキ 作品などを重ねて焼成するとき、互いがくっついて溶解してしてしまうのを防ぐために、その作品を藁で巻く手法がある。それらが焼成によって反応を起こした緋色のことを指す。
紐づくり 粘土を伸ばして紐状にしたものを、底の部分から巻き上げていき加工していく技法。
吹き掛け 霧吹きを使って、釉薬を器に吹き付ける手法。
縁なぶり ある一定の形に整った作品の口縁を、波を打つような形にしていく装飾法。
瓶子(へいし) 口が小さく細長い、神前などで酒を入れて注ぐのに使われた器。
ベンガラ 酸化第二鉄を主成分として、上絵つけの顔料、鉄絵の具として用いられる。
ボタ餅 作品の上に小さな器などを置いて焼き締めした時にできる赤い斑紋。
本焼き 素焼き後、釉薬を掛けた作品を高温で焼成すること。素地を焼き固め釉薬を溶かす
益子(ましこ) 栃木県芳賀郡益子町で焼かれている陶磁器。
マット釉(まっとゆう) 表面がマット調になっている透明釉。
マンガン 酸化マンガン釉の着色剤や、紫の顔料として用いられる。
見込み(みこみ) 茶碗内側の底の辺りを指す。
三島(みしま) 象嵌で模様付けをした陶器。灰褐色の素地に白化粧をして、象嵌したものが一般的。
水打粘土
(みずうちねんど)
水流に沿って溜まった、水垢状の鉄分を含んだ赤褐色の土。
水挽き(みずひき) ろくろを使って作陶している時に、粘土の滑りを良くするため、手に水をつけながら、成形していくこと。
美濃(みの) 岐阜県多治見市から土岐市周辺で焼かれる陶磁器。
目跡(めあと) 焼成時に器などを重ねて焼くときに、お互いに溶け着くのを防ぐための窯道具などを置いた跡。
桃山陶
(ももやまとう)
桃山時代に京や大阪の茶人に好まれた焼き物のことを総称してこう呼ぶ。
焼き締め
(やきしめ)
釉薬を掛けずに、素地の状態で焼くこと。
釉ダレ 釉薬を掛けた作品の本焼時に釉薬の流れた跡が残った状態。
釉はがし 本焼き後、素地についた余分な釉薬を取る作業。はがし刷毛などを用いて行う。
釉薬(ゆうやく) 焼き物の素地にかけるうわぐすり。焼成すると、ガラス質になり吸水性をなくし、汚れにくくする。その他にも、強度や滑らかさを増したり、装飾の役割を果たしたりする。
窯変(ようへん) 偶発的に起こる、焼成時の素地や釉に生じた色や状態の変化。様々な状況下で、思わぬ釉色や釉相などがあれわれる。
より土 作品の取っ手などの部品、しったの固定、紐作りなどの使われる、紐状によった粘土。
楽焼(らくやき) 京都、楽家代々の作(本窯)とその一族の作(脇窯)の総称をいう。黒楽と赤楽の2種類が主流。
李朝(りちょう) 李氏朝鮮時代(1392〜1910)の陶磁器の総称。
輪花(りんか) 口縁を加工し、花弁の形をした鉢や器。
ロウ抜き
(ろうぬき)
ロウを使って素地を残す装飾技法。素地を残したい部分にロウを塗り、その上から釉を塗って焼成すると、釉をはじいたロウの部分は素地が残る。
六古窯
(ろっこよう)
中世時代を代表する窯を指す。常滑・瀬戸・信楽・越前・丹波・備前の6ヶ所。
藁灰釉
(わらばいゆう)
藁を灰にしたもの。
割型(わりがた) 原型を2つ以上の型に分けて成型する、型による成型方法。